0019

【ブリストルブラスター®】首都高「鋼橋塗装設計施工要領」に掲載

cwra004

首都高速道路の塗装工事や素地調整方法等が、「鋼橋塗装設計施工要領」として公表、販売されることになりました。そのインタビュー記事が以下のジャーナルNETに掲載されていますので、ご覧下さい。「ブラスト面形成動力工具」(ブリストルブラスター®)による素地調整方法や
その他の方法が記されています。

※ブラストができない場合のさび部の素地調整は、首都高工法や【ブリストルブラスター®】が適しています。


【インタビュー】

「首都高速 鋼橋塗装設計施工要領を新たに制定
水性塗料と有害物質を飛散させない安全な素地調整」 NEW!
首都高速道路株式会社 技術部長
並川 賢治 氏

掲載記事はこちら

首都高速道路は、高速道路の構造物の約8割を高架橋形式が占め、その大半で鋼桁形式を採用しています。そのため、鋼橋の塗装更新は必須ですが、先に発生した作業員の鉛中毒、2度の火災事故などその作業環境の抜本的な変更を迫られていました。それを意識して制定されたのが本日上梓された「鋼橋塗装設計施工要領」です。首都高の現場に即した塗膜除去方法、安全・安心・環境を意識した水性塗料の採用、コンクリート高欄の長期耐久性を企図した防水塗装の採用など、要領の詳細について、同社の並川賢治技術部長に聞きました。


首都高速道路株式会社様のホームページはこちら

 

cwra005

【ブリストルブラスター®】首都高速道路塗替え工事で適用

首都高速道路の鋼橋塗替え工事で、
素地調整の新工法として【ブリストルブラスター®】が適用

At the steel bridge repaint construction of the Metropolitan Expressway, Bristle Blaster®, as a new construction method for surface preparation, has been applied.


首都高速道路株式会社様のホームページはこちら

cwra004

 

 

cwra005

資料6の3ページ目の2.新工法の概要に、
【ブリストルブラスター®】が写真入りで新工法の仕上げ素地調整方法として採用されています。
実際に約1年以上に亘って首都高の塗替え工事で適用されています。

 

 

cwra003

【C-WRA】水系塗膜剥離剤工法等研究会:正会員となりました

この度G-TOOL株式会社は、「水系塗膜剥離剤工法等研究会」 へ正会員として加盟いたしました。

くわしくは研究会ホームページをご覧ください。


水系塗膜剥離剤工法等研究会は以下の会社で構成されています。

<正会員>

1. 三彩化工株式会社 TEL:03-3371-3681
2. 山一化学工業株式会社 TEL:03-3835-8660
3. 好川産業株式会社 TEL:06-6538-3951
4. JFEエンジニアリング株式会社  TEL:03-6212-0035
5. 株式会社ソーラー TEL:078-231-0431
6. 大塚刷毛製造株式会社 TEL:03-3359-8724
7. G-TOOL株式会社 TEL:052-265-8091

<賛助会員>

1. 一般社団法人日本橋梁・鋼構造物塗装技術協会 TEL:03-6231-1910
2. 乾式ブラスト施工協会 TEL:046-204-8710
3. 建設塗装工業株式会社 TEL:03-3252-2515

cwra002

 

 

 

 

 

 

2-0017-boseikanri.vol61

ブリストルブラスター:報文「防錆管理」

『防錆管理』
2017年5月発行 Vol.61 No.5
テクニカルレポート


「鋼道路橋防食の課題と対策」
髙木千太郎氏による

「素地調整面を良好な状態とするためにブラスト面形成動力工具が開発されている」
ブリストルブラスター®は”ブラスト面形成動力工具”(防食便覧 参照)として10ページ 写真9で紹介されています。


ブリストルブラスター® MBX-3500X エアータイプはヘッド部が小さく、11㎜幅のブラシを装着頂くことで入隅など狭隘部のケレンに向いています。またエアータイプは集塵ノズルを装着(口径約34mm筒先の一般集塵機を接続して頂けます)することで、7~8割の集塵が可能です。


2-0017-boseikanri.vol61

 

0019

「塗膜剥離剤+ブリストルブラスターW工法」のご紹介

水系剥離剤素地調整1種技術研究会 *1)より
湿潤化法で鉛粉じん対策に対し安価に素地調整1種を得る工法を
ご紹介します。

本工法は、2つの工程からなります。
①【有害塗膜除去】水系の塗膜剥離剤で有害物含有塗膜を除去
②【素地調整1種】ブリストルブラスターW *2)でブラスト面を確保

*1) 水系剥離剤素地調整1種技術研究会は以下の5社で構成されています

三彩化工株式会社 TEL:03-3371-3681
山一化学工業株式会社 TEL:03-3835-8660
好川産業株式会社 TEL:06-6538-3951
JFEエンジニアリング株式会社  TEL:03-6212-0035
G-TOOL株式会社 TEL:052-265-8091

*2)  ブリストルブラスターWとは従来のブリストルに比べ
1.4~1.9倍の能率で処理でき、より広い面積の処理に適したタイプです。

PDF資料はこちら
5-0011

2-0015

『Structure Painting Vol.44』に掲載いただきました

【掲載情報】

JASP日本橋梁・鋼構造物塗装技術協会 
機関紙『Structure Painting Vol.44』

技術報告:
アーチ橋上部塗替え塗装における新しい素地調整

2016年09月
尾崎塗装工業様による


『Structure Painting Vol.44』 はこちら

日本橋梁・鋼構造物塗装技術協会のホームページはこちら

 

0019

「ブリストルブラスターWによるRc-Ⅲ工法」

【ブリストルブラスターW  によるRc-Ⅲ工法】

鋼道路橋防食便覧Rc-Ⅲ塗装系を厚労省の鉛粉塵通達に即して、
安全に、安価で、且つ耐久性アップが図れる素地調整工法 をご紹介します。

 

本工法はさび発生部と活膜部の動力工具を使い分けて、鋼面露出部へ
有機ジンクリッチペイントを塗装する工法です。
◆工法のポイント
・さび発生部のみをブリストルブラスターW* で素地調整1種に
・素地調整1種の鋼面露出部を有機ジンクリッチペイントで補修塗り
・活膜部は従来と同様に動力工具で目粗し、清掃(素地調整4種に)

* ブリストルブラスターWとは従来のブリストルに比べ
1.4~1.9倍の能率で処理でき、より広い面積の処理に適したタイプです。

PDF資料は画像をクリックしてください
5-0003

BBP-006

首都高速道路共同開発品「ブリストルブラスターMG」

狭隘部向け素地調整装置
ブリストルブラスターMG
首都高速道路株式会社 共同開発品

今までブラストやハンディ工具では手が届かずに施工ができなかった狭隘部やボルト・ナットの錆や塗膜を除去し、さらに素地調整第1種ケレン相当の処理面を達成しました。

ブリストルブラスター技術を応用した開発はご相談ください。
ブリストルブラスターMG