1-0013

【ブリストルブラスター®】首都高速道路の新要領に掲載

ブリストルブラスター®、ブリストルブラスター®Wが首都高速道路株式会社の「鋼橋塗装設計施工要領 2019年7月版」に掲載され、塗替え工事で広く適用されます。

 

鋼橋塗装設計施工要領』(2019年7月)/グループ2 (NO.027)
首都高技術株式会社ホームページにて販売(6,160円)

首都高速道路株式会社の塗装に関する新要領
3つの素地調整方法で【ブリストルブラスター®】適用


1-0013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新要領は、共通編、新設編、塗替編、参考資料編からなる、約300ページの要領です。

新要領は、鋼道路橋防食便覧(H26年3月版)の有害物含有塗膜の素地調整と法規制に絡む課題や塗装工事での事故等を踏まえて、約4年間のパネル試験や実橋での多数の試験施工の結果から、課題の対策を施して作成、発行されたものです。

 

また、新要領の塗替編の基本骨子は、法規制や塗替工事の更なる安全性向上を指向し、且つ、塗装の耐久性向上と橋梁延命化と負遺産である有害物塗膜の除去を図るために、素地調整1種、素地調整1種相当を適用したものとなっています。

 

素地調整1種相当には、1種相当IH、1種相当W、1種相当Dの3つの塗膜除去・素地調整方法があり、いずれの方法も1種相当とする仕上げ工程は、ブラスト面形成動力工具「ブリストルブラスター」、「ブリストルブラスターW」を適用することになっています。詳細はPDFを参照下さい。

この3つの塗膜除去・素地調整方法は、鋼道路橋防食便覧の塗装編のRc-Ⅰ塗装系を適用する場合にも適用できます。これら3つの塗膜除去・素地調整方法によって、安全に有害物塗膜の除去ができ、素地調整が1種と塗替え塗装の品質が確保され、橋梁の長寿命化が図れます。

 

また、新要領には発行の背景、経緯および各材料や工法を選択した理由もある程度記載されています。

詳しくは、こちら
または画像をクリックしてください


 

 

◆首都高技術株式会社様のホームページはこちら

 

2-0017-boseikanri.vol61

ブリストルブラスター:報文「防錆管理」

『防錆管理』
2017年5月発行 Vol.61 No.5
テクニカルレポート


「鋼道路橋防食の課題と対策」
髙木千太郎氏による

「素地調整面を良好な状態とするためにブラスト面形成動力工具が開発されている」
ブリストルブラスター®は”ブラスト面形成動力工具”(防食便覧 参照)として10ページ 写真9で紹介されています。


ブリストルブラスター® MBX-3500X エアータイプはヘッド部が小さく、11㎜幅のブラシを装着頂くことで入隅など狭隘部のケレンに向いています。またエアータイプは集塵ノズルを装着(口径約34mm筒先の一般集塵機を接続して頂けます)することで、7~8割の集塵が可能です。


2-0017-boseikanri.vol61

 

2-0016-201608-21505

ブリストルブラスター:発表報文:2016建築学会

豊橋技術科大学様による発表


『2016年度日本建築学会大会(九州)』
平成28(2016)年8月25日
会場:福岡大学 


FBGセンサを用いた接着接合部の損傷評価に関する基礎検討
その3 複合応力下での検討
PDF資料はこちら 資料NO.21505


 

2-0016-201608-21505-aij-kyushu-toyohashiuniv

 

 

 

 

 

 

 

 


近年、建物の補強や補修に対して接着接合が注目されていますが、まだ普及には至っていません。接着層にFBG(Fiber Bragg Grating)センサを埋設した鋼板接着の引張せん断試験を行う中で、ブリストルブラスターは「ロータリー式ブラスター」として接着面の表面処理に使用されました。



適用された工具: ブリストルブラスター電動タイプMRX-2700X


2-0015

『Structure Painting Vol.44』に掲載いただきました

【掲載情報】

JASP日本橋梁・鋼構造物塗装技術協会 
機関紙『Structure Painting Vol.44』

技術報告:
アーチ橋上部塗替え塗装における新しい素地調整

2016年09月
尾崎塗装工業様による


『Structure Painting Vol.44』 はこちら

日本橋梁・鋼構造物塗装技術協会のホームページはこちら

 

2-0012-01

ブリストルブラスター:発表報文:2016建築学会

竹中工務店様による発表


『2016年度日本建築学会大会(九州)』
平成28(2016)年8月25日
会場:福岡大学 8号館822室


鉄骨造建物における火気を使用しない耐震補強に関する実験的研究
その1:高力ボルトすべり試験計画
PDF資料はこちら 資料NO.22439


鉄骨造建物における火気を使用しない耐震補強に関する実験的研究
その2:高力ボルトすべり試験の結果と考察
PDF資料はこちら 資料NO.22440


ブリストルブラスターは、”ブラスト面形成動力工具(簡易ブラスト処理方法)”として紹介され、「既設構造物への塗装下地用のブラスト処理が現場で実施可能な動力工具」と評価されました。

ブリストルブラスターによるすべり係数は、グラインダーのみや塗装のままより高い値を示すこと、また、アルミ板の介在や無機ジンクの塗布がすべり係数の増台に一定の効果があることが確認されました―


適用された工具: ブリストルブラスターエアータイプMBX-3500X


 

2-0011

ブリストルブラスター:発表報文:2016建築学会

ものつくり大学 名誉教授 近藤様
DNT大日本塗料株式会社 尾田様、桑原様による発表


『2016年度日本建築学会大会(九州)』
平成28(2016)年8月24日
会場:福岡大学 10号館1034室


鋼材表面を粗面化する動力工具の性能評価
PDF資料はこちら 資料NO.1704


近年、ブラスト処理に類似した粗面状態が得られる動力工具が開発され、道路橋や鉄道橋の塗装における素地調整で活用されている。建築分野では未だ認知度が低いため、その適用性を実験的に評価した結果を報告する―

ブリストルブラスターは、”ブラストと同等の素地調整効果が得られ、早期腐食しやすい溶接部の塗装品質向上に有効である” と評価されました。


使用された工具: ブリストルブラスター電動タイプMRX-2700X

 

20151005023857479 ジャーナルNET 綱木川橋

『道路構造物ジャーナルNET』に掲載いただきました

【掲載情報】

道路構造物ジャーナルNET
2015年10月

NEXCO東日本
綱木川橋で鉛含有塗膜を除去
バイオハクリX-WB、ヒートレッドM-1、ブリストルブラスターを活用

東日本高速道路東北支社仙台管理事務所は、東北道仙台宮城ICの間近、綱木川や仙台市でも最も交通量の多い路線である国道48号を跨ぐ個所にある綱木川橋の塗装塗り替えに際し、一般部は水系塗膜剥離剤「バイオハクリX-WB」、添接部は電磁誘導加熱装置を用いた塗膜剥離機「ヒートレッドM-1」、隅角部および発錆部はブラスト面形成動力工具「ブリストルブラスター」を用いて塗膜を除去する手法を初採用した。

リンクはこちら

logo-rsj

2-0014-201509-jasp-sp43

『Structure Painting Vol.43』に掲載いただきました

【掲載情報】

JASP日本橋梁・鋼構造物塗装技術協会 
機関紙『Structure Painting Vol.43』

技術報告:
ブラスト面形成動力工具の機能と橋梁等における適用結果と課題

2015年09月


『Structure Painting Vol.43』はこちら

日本橋梁・鋼構造物塗装技術協会のホームページはこちら

 

2-0010

ブリストルブラスター:防錆防食技術発表大会

『第35回 防錆防食技術発表大会』
平成27(2015)年7月9~10日
土木研究所様による発表


素地調整後の残存塩分が
塗膜耐久性に与える影響の検討

ブリストルブラスターは、”ブラスト面形成動力工具”として、ディスクサンダーやカップワイヤホイルと比較され、その処理面は、一部孔食部分を除き塗膜やサビが除去でき、塗膜欠損部の膨れが比較的少ないことが確認された―


使用された工具: ブリストルブラスター電動タイプMRX-2700X


PDF資料はこちら