2017年8月に首都高速道路株式会社から『鋼橋塗装設計施工要領』が発刊されました。この要領での素地調整は動力工具を組み合せて素地調整1種相当の鋼材面にすることが規定されています。
素地調整1種相当の工具として、ブラスト面形成動力工具「ブリストルブラスター®」および「ブリストルブラスター®w」を使用すると定められています。

At the steel bridge repaint construction of the Metropolitan Expressway, Bristle Blaster®, as a “Blast Surface Processing Power Tool”, must be applied to prepare surface ISO SA2 1/2.


首都高速道路株式会社様のホームページはこちら


cwra004
1-0010-201708shutoko

掲載ページ抜粋はこちら